デュエマ全国大会店舗予選優勝しました

デュエマLab.
エリア代表決定戦に出れる(=ミッツァイルプロモゲット確定)が嬉しすぎました。

こんにちは。赤ごりら先生(@ktnrrr)ですでかでかと写真張り付けました(笑)
でもエリア代表決定戦に出れる(=ミッツァイルプロモゲット確定)が嬉しすぎました。

印鑑パラスで殴りまくった9月までの「デュエル・マスターズ 2019 全国大会店舗予選」。新世界(青魔道具)と赤単バルガ、青白スコーラーにトリガーと共にボッコボコにされた前環境と打って変わって、現環境はミッツァイルマスターズと言って差し支えないほどに、シータミッツァイルが台頭しており、そこを追うようにジョラゴンが猛威を振るっている環境でした。

諸悪の根源は、DMRP-11 「超天篇ガチャレンジ・シリーズ 第3弾 零誕ゼロバース! 魔神おこせジョルネード1059ヘブン!!」発売により登場した「スゴ腕プロジューサー/りんご娘はさんにんっ娘」やマナドライブ6のGRクリーチャーたち、と思っております。。プロジューサー、VRのスペックじゃないやん…。てかあのGRもみんなVRかそれ以上やん…。

というわけで、盾まで強化されたミッツァイルやジョラゴンに印鑑パラスで勝てる気がしなかったので、別デッキで挑むこととなった予選後半戦でした。

予選後半戦はまず環境読みから。
環境トップはシータミッツァイル。
次点はジョラゴンやスコーラーといった中速ビートになると読みました。
妨害札はラッキーナンバーが筆頭となる環境と推測しました。

各自が自分の動きを優先している環境であり、ラッキーナンバーもそこまで頻繁には打たれない環境であるだろう。だからこそ、自分の動きを押し付けて速攻で勝負を決めるデッキであれば、チャンスがあるのでは?と踏んでいました。

とは言え、タコ殴りデッキばかり使ってきた自分が持っている印鑑パラス以外の2ブロデッキは絶十サッヴァークと青白スコーラー、しかもそのどちらもプレイングがガバガバという状態。(最初は青白スコーラー握るつもりだったけど、あんなソリティアデッキむずい…。)そして、対抗してシータミッツァイルや青緑ジョラゴンを組む金銭的余裕はない。

だからこそ、運ゲーで勝負です。知り合いと話していた、とあるネイチャーループを2ブロ仕様にし、そして最速4t目でループに入れるように調整しました。(ネイチャー買えるならミッツァイル買える、という意見はもっともですが、ミッツァイル4枚買うよりは少し安いし、ループの証明をドヤ顔でしたい気持ちが勝っていました。ドヤァ(‘ω’))

このループデッキの構築や情報はそのうちtwitterで書くかもしれません。でも、割と出回っているループですし、そんなに目新しいものでもないと思います。
ある2枚のカードをマナからネイチャーにより出し、またある2種類の呪文をループさせて、フィニッシュに入っていく感じです。マナ要求と手札要求がそこそこ高いと思います。
なんといっても、2t目ブースト、3t目4コス帯でのブースト、4t目ループ開始の動きを成功させるために全力を尽くしたデッキですので。

そんなわけで、ネイチャーループで権利戦に出たわけですが、勿論このデッキにも弱点があります。

当然ですが、事故率高いです。
事故っていいのは1ターン足踏みするまでです。
2ターン以上足踏みすれば、多分環境に間に合いません。

受け札がない。
そもそも最速で動くことしか考えていないので、受けられる札が2枚しか入っていません。
STとして、フェアリーライフなどは入っていますが、印鑑パラスなどには殴りきられるでしょう。

プーンギで詰みます。ぽくちんでも詰みます。
そして対抗札のマッハファイターは搭載しておりません。
マッハファイター召喚している余裕はないです。

ハンデスでも死にます。
マナに必要パーツを置くことが出来るのはハンデスにも強い点なのですが、
あるカードを手札に持っておかなければなりません。それが抜かれるとしんどいです。

てなわけで、「ハンデスは嫌だ、プーンギは嫌だ、ぽくちんは嫌だ」と賢者の石の時のハリー並みに嫌々言いながら臨んだわけです。

そして予選開始。

◆初戦:印鑑パラス(後手)
初戦負けかなと思っていると相手が4t目まで動けていない!
が、こちらも想定通り、手札が必要カードが引けません。
ネイチャーは引けましたが、2枚の必須カードが引けません。
相手が唱えたMANGANO-CASTLE!からの猛攻で盾は全壊。
しかしながら、不幸中の幸いで、相手がバルチュリス宣言を忘れ、ジャスキルは免れました。

そして盾からSTでクリスタルメモリー、フェアリーライフ。
クリスタルメモリーでデッキをシャッフルしている時に、このシャッフルが最大の効果を発揮するとは思いませんでした。
そうです、ライフで最後のパーツがマナに落ちました。
しかもこのキーカード、多色なために、次ターンに手札からマナ置きしても勝つことは不可能でした。
ということで次のターンにループ開始。そのまま勝ち。
相手のプレミと奇跡のマナ落ちに助けられたため、初めての公式戦ループは、ドヤる余裕もなく、震えながらの証明になりました(笑)

◆2回戦目:トリガービート(後手)
有利対面です。相手めっちゃ嫌がってました。
そりゃ、自分と対面以外残っている選手全員がシータミッツァイルと青緑ジョラゴンですから。
というわけで、この日初の4t目ループ開始。
初戦で勢いついたのか、この対面は有効札が引けすぎて逆に焦りました。
そして、ループ処理で多くの質問をして頂いたので、ループの回し方も上達した気がします。(笑)

◆3回戦目(準決勝):シータミッツァイル(後手)
ぽくちん出てくる青緑ジョラゴンじゃなくて本当に良かった。
ただし、シータとの対面は初なので、どこまで通用するか本当にわかりませんでしたが、
結果的に4t目ループ成功で、逆に相手はブースト1回しかしないまま終わりました。

◆決勝:シータミッツァイル(後手)
お気づきでございますでしょうか。すべて後手です。じゃんけんマジで弱いです。
だからビートデッキ使ったら勝てなくて、ハンデスは強いのかな…。
さて、2t目からブーストして動いてきます。

3t目、ここが勝負の分かれ目でした。こちらは返し3t目で仕上げに入ることが出来ます。
相手はここで迷ったのでしょう。チャージされたマナはラッキーナンバー。
イグゾースト召喚でさらにマナブーストしてきます。
このマナ置きは、イグゾースト召喚用のマナ色を揃えるために仕方なく置いたのか、まだ手札に残っているのか…ドキドキしながらターンが返ってきました。

返し3t目でマナと手札を完成させ、4t目になりました。
ここで相手の宣言はパーフェクトウォーター。GR2回宣言。
ヒヤッとしましたが、盤面作るだけで、ミッツァイル宣言もなく、ターンが返ってきました。

そしてループ証明を最後くらいはドヤ顔で終わらせて勝ち!
あの時、イグゾーストではなく、ラッキーナンバーを唱えられていたら、負けていたと思います。。

というわけで、全対面後手で、ほぼ4t目ループを決めたわけです。
後攻の方が手札増えて逆に良かったのかもしれませんし、
あれだけ4t目ループ決めた自分は鬼がかっていたとしか言えません。
(なお、4t目ループが成功する確率は、2,3t目にブーストが出来た場合でさえ約3割です。)

ただ、その動きをしても、危険な状況になるのが、
現在のミッツァイルマスターズの状況であり、2ブロックが魔境である所以かと…。

12月のエリア代表戦までには、また環境は変わりますが、
可能な限り環境読みして、練習もして臨みたいと思います。


やっぱミッツァイル4枚買うべきかな…。
そしてまずは今週末のCSに出るデッキの選定と調整もしなければ…。
あれ?本業なんだっけ?デュエリストか。。

コメント

タイトルとURLをコピーしました