デュエルマスターズ エリア代表決定戦 関東大会2019 ~実戦編~

デュエマLab.
ゼロワンスリーブが発売されたら即行で買います

明けましておめでとうございます。 赤ごりら先生(@ktnrrr)です 。
世間は年末休みだというのに、30日まで全力営業し、思いっきり寝正月でした。
新弾は5箱買いました。トレードも含め、極限駆雷ブランドが4枚揃ったのは嬉しいです。
欲を言えば、バーンメアとホーリーエンドがもう数枚欲しいです。
でも今一番欲しいのはこいつかもしれません。

「怨念怪人ギャスカ」の画像検索結果
ナズェワガヤノストレージニナインディス…

さて、前回の投稿からしばらく時間が経ってしまいましたが、今回は実戦編になります。
エリア代表決定戦の結果報告です。
突っ込んでいってトリガーでも殺されず、しかも上振れながら勝つという運ゲーで勝負しよう
と考えた男の末路をどうぞご覧ください。

エリア代表決定戦・予選

まず、エリア代表決定戦は予選が6回戦あり、
5-1で本戦出場が確定、4-2でオポ次第で本戦出場となります。
後半で負けている方が、オポ自体は高くなるので、初戦が非常に大切です。
とはいえ、このデッキを握った以上、殴る以外の選択肢・駆け引きは家に置いてきたので
やることは変わらないのですが(笑)

1回戦目

先攻で、対面は赤青覇道でした。
普段勝てないじゃんけんも勝ち、今日は何かが違います。
(電車の中で全然知らないおばちゃんに10分くらい話しかけられ続けるという圧倒的にいつもと違うことも起きてはいたのですが…)

相手が2枚連続でクロックをマナチャージ→ザパンプ召喚
この時点でよくデッキタイプが分からず、先攻3t目でリリアングやダテンクウェールを並べて殴りだし、4t目に殴り切りました。
覇道相手に一息で倒しきれないのは今考えるとものすごく怖いのですが、手札が相当悪かったのか、返しのターンもドンドン吸い込むナウのプレイにとどまり、難なく1勝しました。

なお、この難なく1勝の裏で、身内が初戦不戦勝とかいうとんでもないラッキーに恵まれていたのはビビりました。(笑)

1-0

2回戦目

先攻で対面は青魔道具。2回連続じゃんけん勝ちとか普段はあり得ないです。
欲を言えばプーンギが手札に来てほしかったのですが、初手には上半期使い倒した相棒が。

「ゴゴゴブランド」の画像検索結果
ポーズで必ずネプチューンマン思い出すんだよな…

というわけで、手札が上振れの中、2t目リリアングからの呪文でGR召喚。
3t目ファイアでリリアングを召喚+2回攻撃付与からの手札1枚‘‘轟轟轟‘‘ブランド。
2t目に新世界を張られなかったラッキーもあり、4t目で殴りきりました。
「 手札1枚、‘‘轟轟轟‘‘ブランド 。」の宣言が最高に気持ちよかった。
(なお、上半期は散々トリガーで返されました。)

2-0

3回戦目

ここからは2bye持ちのランキング上位プレイヤーも参戦。
対面は全国30位前後で2bye持ちのプレイヤー。じゃんけんは勝利で先攻が取れました。
対面のデッキタイプはというと、1t目のクルトで赤白ミッツァイルと確信。
「お、昨日ゼミでやった問題だ!」みたいな安心感もありましたが、上位ランカーであることに多少ビビり、「何かあるはずだ」という猜疑心が先攻しました。

先攻4t目、 相手の盾は4枚、場にはダテンクウェールとリリアング、手札にはパーフェクトファイア・ミクセルという、ジャスキルは組めるものの、受けきられると返しで負け、逆にターンさえ返ってくれば恐らく安全に殴りきれる、という状況になりました。

相手の盤面も刈ることが出来る状況で、相手のハンドが2枚だったため、安全策として盤面処理を選択。ミッツァイルの着地はないという判断の中でターンを返すと、またもや見慣れた札。

「マンガノきゃ」の画像検索結果
こいつにも今年は世話になった…

捲れた札でもジャスキル打点を作られ、盾のトリガーもなく貫通。
前日の調整でもわかっていた通り、相手に受けは入っていないらしく、悔しさは倍でした。
突っ込んでいってトリガーでも殺されず、しかも上振れながら勝つという運ゲーで勝負しよう
と自らで決めたことがブレた結果ですし、勝つためにリスクを取るということが出来なかった弱さが敗因と思います。

2-1

4回戦目

続く4回戦目は、カット中にスリーブのへこみを指摘され、GRゾーンのスリーブをすべて外すという状況(今までは指摘されたことなかったから、最初は撹乱か何かかと思った)になり、じゃんけんも後攻。ごりら先生も少しおこ。

確かにおこでしたが、 手札とトップが強く、2t目トップリリアング→銀河×2→正義の意思で、ポクタマ、ダテン、ドドドが捲れる。
次のターン一斉に攻撃し、STフェアリーライフのみで貫通。上振れってすごい。

ちなみに対面はマナブーストも出来ず、そもそもチャージしかしていなかったため、何のデッキか分かりませんでしたが、聞いたところシータミッツァイルでした。
仮想敵ボッコボコにできて嬉しかったです。
(「ボコる」という言葉を聞くとリーチ・マイケル選手がチラつくのは私だけではないはず)

3-1

5回戦目

あと1勝すれば、お祈り圏内には入ることが出来るため力が入る。
対面は青黒ドラガンザークで後攻でしたが、手札は良く、ミクセル、銀河、ファイアから
手札1枚‘‘轟轟轟‘‘ブランド には成功。相手の盾は2枚になる。
だが、相手のブチャカティでハンドも0、ブロッカーが1体ある状態。
盤面はミクセルとブランドのみ。相手は墓地にムカデを落とし、次のターンでドラガンザークからムカデが立つことがほぼ確定する中、ターンが返ってくる。
このターンでWブレイカーSAが必要となる中、トップは…

「ゴルドーザ」の画像検索結果

前日まで別の札探しててまじごめん。。
提供してくれた調整仲間ありがとう。
というわけで、ジャスキルを組んでノートリ貫通

4-1

6回戦目

お祈り圏内には入るものの、ここで勝って本戦出場を決めたい6戦目。
後攻(こういうところのじゃんけんは弱い)で対面は青魔導具。
しかも先攻2t目新世界のベストムーブ。
とはいえ、殴るしかないので、3t目にリリアングの1点。ST発動。

「チョー絶ラッシュ」の画像検索結果
ウゾダドンドコドーーン

まじで終わったと思いました。
リリアング以外に出していたアヴァラルド公とダンダルダが死にました。
終わったと思いましたし、3,4t目には魔導具も4枚揃って、無事敗北かと思いましたが、
なんと相手がガリュミーズを引けない。追加ターンもなく5t目が返ってきて、
貯めていたマンガノで打点を作って殴り勝ち。
宣言通り、運でなんとかしました(笑)
あと、貰ったマンガノプロモで本戦出場決められたのがうれしかったです。

「マンガノキャッスル」の画像検索結果

5-1 本戦出場決定!!
予選Aブロック 11位通過

スマホ入力は紙で書かなくていいので楽です

なお、お祈りラインの4-2は予選第7回戦とかいう、最後のひと枠をかけた試合もあったそう。
運に助けられたとはいえ、自力での本戦上がり確定はやっぱ嬉しいです。

本戦1回戦

さすが競技大会の最高レベルといったところでしょうか、本戦前には各ブロックのベスト16を集めてのデッキチェックが行われていました。
昨晩3時までスリーブの入れ替えとともに書いていたデッキリストだったので、記載ミスがあったら…と不安でしたが、そんなことはなく、そのまま1回戦に。
対面の選手がスリーブのチェックに引っ掛かり、スリーブ総入れ替えを行っているのを見たときは、なかなかに怖い気持ちになりましたが(笑)

さて、対戦相手の選手(初対面w)と軽口をたたきながら、笑顔で始められた本戦1回戦。
じゃんけんも勝利し、手札もリリアング×2、プーンギ、銀河の裁き、ファイアという状態。
ここまで来たら押すだけなので、リリアング×2とダンダルダ、リリアングを並べ、1点目。

「どうしてだよおおお カイジ」の画像検索結果
どうしてだよおぉぉおおぉおぉぉおお

対面青黒t緑ドラガンザークとかいうデッキなんですが、最も踏んではいけないカードでした。
こいつがいるから、このデッキを握るか迷ったほどです。
おかげで、2体のリリアングは壊滅することが決まりました。

ですが、まだ終わっていないと思い、リリアングのエスケープを使って手札補充に。
後続を獲得して押し切りつつ、ポクタマで墓地もメタってやろうと思いましたが、盾回収は、

「クイック・スパーク」「KAMASE-BURN!」

どうしてだよおぉぉおおぉおぉぉおお (2回目)
なんでこんな時の盾が強いんだ…

そのまま後続も続かず、ドラガンザーク・ムカデの着地から冷静に押し切られ負け。
本戦1回戦負けに終わりました。。。

ちなみに対面はそのままブロック3位に。まじすごい。。
でも、最後に起こったことを考えれば、最後の負けは負けるべくして負けたなと思いました。
あわよくば優勝、出来たらベスト8に入って、写真撮影して生徒にドヤりたかったですが(笑)

総括

というわけで、初めての全国大会エリア代表決定戦でしたが、Aブロックベスト16という結果で締めくくることは出来ました。
当初目指したダンダルダ・ゼンノーによるマンガノという上振れはありませんでしたが、その他の引きや対面での運、そして支援してくださった方々のおかげに他なりません。
本当にありがとうございました。

今年は今のところ、CSベスト8の壁を突破し、優勝までいくことをとりあえずの目標にします。ミッツァイルマスターズも終焉を迎えることですし(笑)

とりあえず、CS参加は昨年の夏からでしたが、ベスト8や16にはちょいちょい入れたので、悪くはない1年だったのではないでしょうか。
(デュエマのやりすぎでプライベートが乱れた可能性もありますが…w)

あれ、本職なんだっけ?そうか、決闘者だったか。
みなさま本年もどうぞ宜しくお願いいたします。

赤ごりら先生(@ktnrrr) ←フォローお待ちしております!

コメント

タイトルとURLをコピーしました